【社寺】温泉の長久を祈る 伊豆山「走り湯神社」で例大祭

 

熱海市伊豆山の「走り湯神社」で14日、例大祭があった。走り湯温泉組合や伊豆山温泉の旅館関係者らが参列し、温泉の長久を祈った。

伊豆山神社の原口尚文宮司が神事を行ったあと乾杯。「湯汲(くみ)式」では、原口宮司が湯煙が上がる走り湯の洞窟前の湯だまりから長いひしゃくで沸き出る温泉をくみ上げ、源泉の上にある「走り湯神社」に お湯を捧げ、泉脈が絶えることなく伊豆山温泉の繁栄が続くことを祈願した。

参列者は持ち寄ったたるなどに温泉を分け入れ、それぞれ旅館やホテルに持ち帰り、風呂に入れたり、神棚に供えたりした。

伊豆山温泉の元湯である走り湯は、約1300年前の奈良時代の養老年間に発見されたと伝えられ、全国でも珍しい横穴の洞窟の中で温泉が吹き出す間欠泉。鎌倉時代の正史「吾妻鏡」で愛媛の道後温泉、兵庫の有馬温泉とともに日本三大古泉の一つに数えられ、現在も70度の湯が毎分140リットル湧き出ている。

走り湯の守護神である同神社も古い歴史を持ち、平安時代の歌謡に「東国第一の霊場」と歌われている。

(熱海ネット新聞)

 

DSC_0998ssDSC_0986ss

DSC_0942ssDSC_0943ss

DSC_1049ssDSC_0863ss

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-11

    国際医療福祉大熱海病院、来年3月末で分娩休止 出産可能機関は安井病院だけに

    赤尾光一市議 熱海市の国際医療福祉大熱海病院が、産婦人科の医師の継続的な確保が難しく…
  2. 2019-12-10

    熱海の新年彩る「まゆ玉」づくり 来宮神社で縁起物の準備始まる

    熱海市の来宮神社で正月の縁起物「まゆ玉」作りが最盛期を迎えている。まゆ玉は家庭や職場にまつることに…
  3. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  4. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
ページ上部へ戻る