【社寺】温泉の長久を祈る 伊豆山「走り湯神社」で例大祭

 

熱海市伊豆山の「走り湯神社」で14日、例大祭があった。走り湯温泉組合や伊豆山温泉の旅館関係者らが参列し、温泉の長久を祈った。

伊豆山神社の原口尚文宮司が神事を行ったあと乾杯。「湯汲(くみ)式」では、原口宮司が湯煙が上がる走り湯の洞窟前の湯だまりから長いひしゃくで沸き出る温泉をくみ上げ、源泉の上にある「走り湯神社」に お湯を捧げ、泉脈が絶えることなく伊豆山温泉の繁栄が続くことを祈願した。

参列者は持ち寄ったたるなどに温泉を分け入れ、それぞれ旅館やホテルに持ち帰り、風呂に入れたり、神棚に供えたりした。

伊豆山温泉の元湯である走り湯は、約1300年前の奈良時代の養老年間に発見されたと伝えられ、全国でも珍しい横穴の洞窟の中で温泉が吹き出す間欠泉。鎌倉時代の正史「吾妻鏡」で愛媛の道後温泉、兵庫の有馬温泉とともに日本三大古泉の一つに数えられ、現在も70度の湯が毎分140リットル湧き出ている。

走り湯の守護神である同神社も古い歴史を持ち、平安時代の歌謡に「東国第一の霊場」と歌われている。

(熱海ネット新聞)

 

DSC_0998ssDSC_0986ss

DSC_0942ssDSC_0943ss

DSC_1049ssDSC_0863ss

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る