【花】新緑がまぶしい熱海梅園で”山法師”がお出迎え

 

新緑に包まれた熱海梅園で、初夏の風物詩「ヤマボウシ」が見ごろに入った。梅園橋を渡り「郷愁のランプ展」を開催している澤田政廣記念美術館に向かうと十字の白い花が出迎えてくれる。
「花」と書いたが、白いのは花でなく葉の変形した「苞(ほう)」。和名は山法師。総苞を白い頭巾をかぶった山法師に見立てて名付けられたとか。
熱海梅園では6月1日から「初川清流のたる鑑賞の夕べ」が始まる。15日も園内では梅園ボランティアのみなさんが清掃作業を続け、人気イベントの準備を整えている。

 

 

DSC_1111ssp (1) DSC_1097ssDSC_1093sspDSC_1107ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-9

    【お悔やみ】佐野雄二さん(熱海市上宿町)8月7日死去

    佐野雄二さん(さの・ゆうじ)8月7日死去、70歳。熱海市上宿町。通夜10日午後6時。告別式11日午…
  2. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  3. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  4. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
ページ上部へ戻る