【社寺】駅前間欠泉の撤去で「湯汲み道中パレード」の変更を協議

湯前神社奉賛会(若林正会長)は19日、いきいきプラザで平成26年度の総会を開き、秋の湯前神社例大祭を10月4、5日に行うことを決めた。例大祭の呼びものである湯汲み道中パレードは、熱海駅前の間欠泉が市の駅前整備で取り壊されたため、変更を余儀なくされている。同奉賛会では、今後の整備状況を注視しながら何らかの代替策を検討していくことを確認した。実行委員長は同会副会長の松尾光貴氏が務める。
同パレードは、新幹線開通を記念して再開されて以来、熱海駅前間欠泉で湯を汲み、神事を行って出発。熱海笛伶会の「熱海ばやし」を先導に汲んだ湯を入れた瓶子(へいし)を手にした熱海芸妓や巫女に扮したミス熱海、裃(かみしも)姿の道中奉行を市長や市議、観光経済首脳らが扮し、湯前神社までパレード。熱海の秋の人気誘客イベントとして定着している。

(熱海ネット新聞)

 

 

IMAG0142

(駅前間欠泉跡=5月20日撮影)

 

IMAG0812

IMAG0806

昨年の湯汲み道中パレードの神事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る