【経済】マスターズ水泳が開幕 マリンスパあたみ

 

「日本マスターズ水泳短水路熱海会場」(日本マスターズ水泳協会主催)が24日、マリンスパあたみで開幕。25日までの2日間にわたり、282チーム、1146選手が参加して26競技のタイムを競う。大会期間中に応援団、家族も合わせ4000人の関係者が宿泊、熱海に多大な経済効果をもたらせた。
熱海からも20人が46種目にエントリー、「チームマリンスパ」として出場。

 

(熱海ネット新聞)

 

◇日本マスターズ水泳短水路
18~24歳、25歳からは5歳ごとに区分した年齢別でタイムを競う。登録者は4万7317人。毎年80~90の公式・公認競技会を開催、延べ14万人が出場。短水路は25mプールを使用。熱海では2010年から開催。

 

 

DSCN3333

市長あいさつ

掲示版

 

外

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る