【まちづくり】1年ぶりに駅前広場でイベント開催 仲見世振興会

熱海仲見世振興会は26日までの3日間、熱海駅前広場で「山アジサイと季節の山野草市」を開催し、「乙女の舞」、「藍姫」の山アジサイをはじめ、ズイナ、ハナイカダなどの季節の山野草や盆栽などを展示、販売されている。
ユニークなニホンメダカの展示もあり、1匹200円から1800円で販売された。観光客らは「メダカの世界も格差社会なんだなあ」などと妙な関心を示し、人気を博した。
同広場でのイベント開催は、駅前工事の関係で約1年ぶり。25日はワンコイン市もあった。
(熱海ネット新聞)

DSC_1904ss

 

DSC_1909ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  2. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  3. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  4. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
ページ上部へ戻る