【市政】臨時市議会で条例制定、散骨場計画「止める」 熱海市

 

熱海市熱海の初島を望む山林に民間業者が散骨場の建設を計画し、周辺住民が猛反対している問題で、斉藤栄市長は26日の会見で「反対派が圧倒的多数を占めており、民意を代表する立場として止める方法を考えている」と述べ、反対を正式に表明した。現状の法律(墓埋法)」では散骨を制止できる規定がないため、散骨場に関する条例を制定する考え。9月市議会の前に臨時議会を開き、制定を目指すという。
計画通り、散骨場が出来れば、日本初のケースとなる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

ページ上部へ戻る