【社会】42.1%が「高齢者」 65歳以上の人口割合「県内全市で最高」 熱海市

静岡県長寿政策課は30日、今年4月1日時点での65歳以上の人口割合を示す「高齢化率」が25・9%になったと発表、過去最高を更新した。初めて4人に1人以上が高齢者となった。昭和22~24年度生まれの団塊の世代の中で、最も人口の多い23年度生まれが65歳になったことにより、高齢化率は前年比で1・0ポイント上昇。初めて県内全市町で高齢化率が20%を超えた。

市町別の状況では、川根本町が前年に続いて高齢化率が最も高く44・0%。西伊豆町も43・9%とほぼ同水準。市では熱海市が42・1%(1万6288人=男6423人、女9865人)でもっとも高齢化率が高かった。

一方、長泉町が昨年に続いて最も高齢化率が低く、20・2%。袋井市が20・8%、御殿場市が21・2%。主に製造業などの働き手が集まる市町で高齢化率が低い傾向を示し、主幹産業をサービス業に委ね、製造業が不毛な熱海市は対極の数字となって表れた。

(編集主幹・松本洋二)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る