【社会】総勢41人で420キロの梅の実を収獲 熱海梅園

熱海市は3日、熱海梅園で梅の実の採取を行った。市職員13人、ボランティア23人、業者5人の計41人が参加。梅の木の下にブルーシートを広げ、竹の棒で枝葉を揺すって振り落とし、420キロを集めた。

熱海梅園には58種、473本の梅の木が植栽されているが、梅干しなどに使える気は132本。今年は2月に2週連続で大雪。先月末には突風が吹いた影響で昨年(520キロ)を下回った。
以前は収穫した梅を市民に無料で配っていたが、平成18年からは収穫した実のすべてを梅干し製造会社「東明」と酒販会社「熱海酒販」に売却してきた。しかし、今年は「東明」1社だけになったため、熱海梅園の草むしりなどに尽力するボランティアなどに無料配布した。

(熱海ネット新聞)

 

ブルーシート梅

DSC_2140ss

41人集合

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る