【市政】ドクターヘリ、初島で消防団が救助訓練 順天堂病院まで5分

 

熱海市消防本部は3日、海上約10キロの距離にある初島で地元消防団(第9分団)向けに防災ヘリコプターを使った救助訓練を実施した。「緊急時にヘリの誘導もできるように」という地元の声を受け、静岡県消防防災航空隊に協力を要請、同隊の所属機「オレンジアロー」を使い、エクシブ初島クラブのヘリポートで着陸誘導や担架の搬送などを訓練した。
初島には1万人のダイバーを含め、年間22万人の観光客が訪れている。昨年は5件のヘリの緊急搬送があったという。

(熱海ネット新聞)

◇所要時間
ドクターヘリは伊豆の国市の順天堂静岡病院から出動し、5分で初島に到着。防災ヘリは静岡市葵区のヘリポートで待機、初島到着までの所要時間は天候が良好なら最短18分。

静岡県ヘリ 木村哲治

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る