散骨場事業者に「建設中止要求」の文書を送付 熱海市

熱海市熱海の初島を望む山林に民間業者が散骨場の建設を計画し、周辺住民が反対している問題で、熱海市は6日、厚生労働省の法律解釈を確かめたうえで「計画されている施設は墓地にあたる」とし、建設事業者に「経営には墓地に関する市の条例に基づいて許可を得る必要がある」という内容の文書を5日付けで郵送した。

「許可を受ける前に募集開始しないこと」を求め、許可を受けずに事業を進めた場合は刑事告発を検討するという。墓地の場合、市条例は民間業者の経営を認めていない。

一方、事業者側は「法に抵触するというなら計画を変更する」としたうえで、「法に抵触しない形態」で散骨場を建設計画を進める方針。

 

IMAG0235

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-5-28

    夏の観光シーズンを前に千歳川2・5キロを一斉清掃/熱海市泉の3町内会

    熱海市と泉地区の3町内会(泉中沢、泉五軒町、泉本区)は5月27日、神奈川県湯河原町の…
  2. 2018-5-28

    【お悔やみ】大月光司さん(熱海市下多賀)5月26日死去

    大月光司さん(おおつき・こうし)5月26日死去、87歳。熱海市下多賀。通夜29日午後6時。告別式30…
  3. 2018-5-27

    頼朝公の「武運」にあやかれ 下松田青年神輿、盛大に渡御/みそぎの滝神社

    来宮神社(雨宮盛克宮司)を本宮とする熱海市緑ガ丘町の「みそぎの滝神社」で5月28日、下松…
  4. 2018-5-27

    北島鉄修さんが金メダル 富山ねんりんピックに好発進/マスターズ水泳

    熱海市のマリンスパあたみで5月27日までの3日間、「2018年度日本マスターズ水泳短水路…
ページ上部へ戻る