散骨場事業者に「建設中止要求」の文書を送付 熱海市

熱海市熱海の初島を望む山林に民間業者が散骨場の建設を計画し、周辺住民が反対している問題で、熱海市は6日、厚生労働省の法律解釈を確かめたうえで「計画されている施設は墓地にあたる」とし、建設事業者に「経営には墓地に関する市の条例に基づいて許可を得る必要がある」という内容の文書を5日付けで郵送した。

「許可を受ける前に募集開始しないこと」を求め、許可を受けずに事業を進めた場合は刑事告発を検討するという。墓地の場合、市条例は民間業者の経営を認めていない。

一方、事業者側は「法に抵触するというなら計画を変更する」としたうえで、「法に抵触しない形態」で散骨場を建設計画を進める方針。

 

IMAG0235

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-11-17

    福祉への理解や絆呼び掛け、26団体が一堂に/熱海・福祉まつり

    熱海市内の福祉団体や施設、協力団体が一堂に会して絆を深める「福祉まつり」(実行委員会主催)が…
  2. 2018-11-16

    ライトアップ完了、夜空に紅葉しっとりと浮かぶ/熱海梅園もみじまつり

    「熱海梅園もみじまつり」開幕前日の11月16日夜、熱海梅園でライトアップが一足先に始まり、紅葉し始め…
  3. 2018-11-16

    11月17日に「熱海自然郷コンサート」 別荘住人と日本酒で交流!

    熱海市の別荘地「熱海自然の郷」の集会所で11月17日(土)、別荘所有者や住人らが第1回「熱海自然の郷…
  4. 2018-11-16

    東京の奥座敷「お宝発見!熱海の学校で見つけた歴史資料」展始まる

    熱海市内の小中学校に保管されている歴史資料を集めた特別企画展「お宝発見!熱海の学校で見つけた歴史資料…
ページ上部へ戻る