【市政】森田金清氏が出馬意向、熱海市長選

任期満了に伴う熱海市長選(8月31日告示、9月7日開票)に、熱海市観光協会会長の森田金清氏(46)=が立候補する意思を固めたことが13日、熱海ネット新聞の取材で分かった。近く市観光協会の総会を開き、会長職を辞職するとともに正式表明する。無所属での立候補となるが自民党に推薦を依頼している。

森田氏は熱海市生まれ。早大文学部、米国コーネル大ホテル経営大学院卒(MBA=経営学修士)。月の栖熱海聚楽ホテル社長。熱海市観光協会会長、熱海市観光協会連合会会長。全国カジノ誘致団体協議会会長。

市長選にはすでに斉藤栄市長(51)、田中秀宝市議(45)が出馬を表明しており、森田氏が3人目。さらに立候補者が増える可能性もあり、混戦になったことで県議の橋本一実氏(49)の出馬も急浮上してきている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る