【社寺】早くも茅の輪くぐり、息災願う 伊豆山神社

 

 

夏越(なごし)の大祓(はらえ)の茅(ち)の輪が15日、伊豆山神社(原口尚文宮司)にお目見えした。真夏並みの暑さが続くなか、参拝者が無病息災や家内安全を祈りながらくぐり抜けている。

茅の輪は、茅(かや)で作られた輪で、正月からの半年間のけがれをはらうため、くぐり抜けると御利益があるとされる。同神社では、6月30日午後4時に夏越の大祓式を行うが、遠方からの参拝者や当日来られない人のために、半月前に設置した。梅雨の季節でもあり、大祓式の本番では同じ形状の新たな茅の輪に入れ替える。

 

茅の輪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る