【経済】ホタル鑑賞の夕べ 期間中の人出3851人

熱海市観光協会(森田金清会長)は16日、平成26年度「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日~15日)の人出を発表した。期間中15日間に来園した総入場数は3851人で前年(4336人)を485人下回った。最多来園日は14日(土)の840人(同159人減)。今年はホタルが数多く飛び、出足は好調だったが、期間中4日間雨に見舞われたことが響いた。

期間中の駐車場利用台数は128台。来園したタクシー台数は228台。旅館ホテルの送迎台数は123台だった。

めーん大量

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る