【選挙】森田金清氏が出馬会見 熱海市長選

熱海市観光協会会長の森田金清氏(46)=が19日、熱海市役所で記者会見し、熱海市長選(8月31日告示、9月7日開票)に無所属で立候補すると表明した。

森田氏は「斉藤市政になったこの8年間で熱海市は若者、商店数が減少、生活保護率、高齢化率、出生率、健康寿命など確実に悪化している。散骨場建設問題、駅前整備事業もいぜんとして進まず、現職に行政能力、リーダーシップ不足を感じた。安全安心、本当の豊かな暮らしを真の市民参加によって作りあげるために、まずは自らが礎(いしずえ)を築きたい。問題が山積みで4年待つわけにはいかない」と出馬の理由を説明。

過去6年にわたり観光協会会長を務めた経験を踏まえ、「単にイベントを開催したのではなく、ボランティア団体、NPOなどと協働で魅力的な熱海を創ってきた。その協働の精神を教育や子育て、福祉、防災などさまざまな分野に活用していきたい」と意気込みを語った。

重要公約として「経済振興」「人口増加推進とそれに伴う社会福祉」「企業誘致を含めた民間投資の促進」を挙げた。

◇森田金清 昭和43年、熱海市生まれ。桃山小、静岡聖光学院高、早大文学部、米国コーネル大ホテル経営大学院卒(MBA=経営学修士)。月の栖熱海聚楽ホテル社長。熱海市観光協会会長、熱海市観光協会連合会会長。全国カジノ誘致団体協議会会長。

m107

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る