【社会】食中毒防止講習会 熱海食品衛生協会

熱海食品衛生協会(駒嶺洋会長)の食中毒防止講習会が18日、熱海後楽園ホテルで開かれ、熱海市内の旅館・ホテル、飲食関係者ら800人が出席。熱海保健所の牧野博之衛生薬務課長から説明を受けた。

昨年県内では21件の食中毒が発生し、その97.4%がノロウィルスが原因だった。今年1月にマスコミをにぎわせた浜松市の給食のパンがもとで発生した食中毒(患者数1271人)もノロウィルスが原因。予防の4原則として①持ち込まない②拡げない③加熱する④つけない--を挙げ、手洗いの際の「2回洗い」を呼び掛けるとともに、手洗い設備の設置を促した。

19日は南熱海地区の旅館・ホテル、飲食店関係者を対象に和田木公民館で開催した。

IMG_4654s

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る