【社会】食中毒防止講習会 熱海食品衛生協会

熱海食品衛生協会(駒嶺洋会長)の食中毒防止講習会が18日、熱海後楽園ホテルで開かれ、熱海市内の旅館・ホテル、飲食関係者ら800人が出席。熱海保健所の牧野博之衛生薬務課長から説明を受けた。

昨年県内では21件の食中毒が発生し、その97.4%がノロウィルスが原因だった。今年1月にマスコミをにぎわせた浜松市の給食のパンがもとで発生した食中毒(患者数1271人)もノロウィルスが原因。予防の4原則として①持ち込まない②拡げない③加熱する④つけない--を挙げ、手洗いの際の「2回洗い」を呼び掛けるとともに、手洗い設備の設置を促した。

19日は南熱海地区の旅館・ホテル、飲食店関係者を対象に和田木公民館で開催した。

IMG_4654s

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る