【花】サツキをきれいに剪定、新芽の受け入れ準備完了 姫の沢公園

姫の沢公園の富士山に臨む山の斜面でサツキの剪定作業が19日までの3日間あった。5~6人の造園業者が大鋏や剪定機を使い、4050平方mある、背丈が半分埋まるほどの高さのサツキを職人技で剪定。ジグソーパズルのような形状に整えた。

サツキは5月中旬~6月上旬にかけて花を咲かせ、6月中旬から7月中旬に翌年の花芽をつける。翌年の花芽は新しく出た新枝の先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらせないと、翌年の花数が少なくなるのだという。ご覧のように剪定前のツツジと剪定後では形状が違い、まるで大きな盆栽。ツツジは伸びた枝の先に花を付けるが、サツキは花の先に枝を付ける。

DSC_2693ssp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る