【ゴルフ】海外メジャー初挑戦の渡辺彩香は予選落ち 

◇全米女子オープン選手権第2日(20日、米ノースカロライナ州のパインハースト・リゾート・パー70)
渡辺彩香(20)=ユピテル=は初日78(2バーディ、5ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギー)、2日目72(3バーディ、1ボギー、2ダブルボギー)で回り、通算10オーバーの73位で決勝ラウンドへ進めなかった。初日15番ショートのトリプルボギーが響いた。

ミシェル・ウィー(米)が通算4アンダーで首位。47位から出た横峯さくらが1イーグル、2バーディー、2ボギーとスコアを2つ伸ばし、通算2オーバーで首位と6打差の7位に浮上した。

日本勢は成田美寿々が通算6オーバーの28位、森田理香子は通算8オーバーの50位、アマチュアの橋本千里が57位で予選を通過。渡邉彩香(10オーバー)、有村智恵(11オーバー)、吉田弓美子、上原彩子(以上12オーバー)、宮里藍、穴井詩、城間絵梨(以上13オーバー)、宮里美香(17オーバー)は予選落ちした。

◇渡辺彩香 「予選通過が見えていたので悔しいです。(メジャーでも)距離は問題ないし、パッティングもよかった。課題はグリーン周りはもちろんですが、予選通過が見えながら攻めなければいけないプレッシャーのかかる状況でアイアンショットの精度を上げないといけない。この経験を次の全英リコー女子オープンにつなげたいです」

 

ゴルフ場

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

ページ上部へ戻る