【社会】天井からコンクリ片19個が落下 熱海駅

JR東海は21日、東海道新幹線の熱海駅のホーム下にある発電機室の天井の一部がはがれ、コンクリート片19個、計7・1キロが落ちたと発表した。点検作業に入ったJR東海の社員が見付けた。

約50年前に造られた構造の劣化によるとみられ、発電機室の屋根になっている高架橋のはり部分がはがれ落ちた。新幹線の遅れや、けが人はなかった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  2. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  3. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  4. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
ページ上部へ戻る