【文化】桜桃忌に太宰治ゆかりの起雲閣で講話会  

小説家・太宰治が入水自殺を図り、遺体が見つかった日でもある19日、太宰にゆかりのある起雲閣(中島美江館長)の「大鳳の間」で講話会が開かれ、約50人の太宰ファンが聞き入った。起雲閣ボランティア会の宇田川本子さんが「太宰治をしのんで」と題して話し、太宰と起雲閣との関わりや妻美和子、小説「斜陽」のモデルとなった太田静子、太宰と一緒に身投げした山崎富栄など、熱海と太宰のかかわりをエピソードを交えて紹介した。

太宰は昭和23年3月18日から起雲閣の「大鳳の間」に2泊。「太宰治執筆の地」の碑がある林ケ丘町の旧起雲閣別館の「雲井の間」で「人間失格」を執筆している。

◇桜桃忌(おうとうき) 太宰治の忌日。昭和23年6月13日、太宰は愛人・山崎富栄とともに玉川上水に入水自殺。没年38歳。遺体が上がったのは6日後の19日。この日は太宰の誕生日でもあったことから、太宰を偲ぶ日となった。名付け親は直木賞作家・今官一氏で太宰晩年の短編小説「桜桃」の名にちなんで命名した。毎年、この日は太宰の墓がある東京・三鷹市の禅林寺には、全国から多くのファンが集う。

桜桃忌本

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る