【編集室】”湘南熱海”を県に要望 熱海商議所

24日あった熱海商工会議所の通常議員総会の中で内田進会頭から静岡県に要望する4案件が示され、承認された。これが端的で魅力的。次期市長選に挑む候補者にもお勧めする。

キーワードは「湘南熱海」。一つは「伊豆湘南道路」(仮称)の建設推進。神奈川・大磯町-小田原の西湘バイパスを延長する形で自動車専用道路を整備するもので沼津、三島、伊東、下田の各商議所と連携して要望する。実現すれば小田原市石橋と熱海の距離はぐっと近づき、湘南方面からの人の流れががらりと変わる。

もう一つは「JR湘南新宿ライン」の熱海駅への延伸。これまた小田原止まりの同ラインを熱海の発着点にすることで東京・新宿方面からの観光客の増大を図るというもの。東京駅へは新幹線、新宿駅へは湘南ライナー。この「2枚看板」が誕生すれば、アクセス面での箱根の優位性をしのぐことができる。こちらは伊東、下田商議所と連携を図る。

熱海市の5月末人口は3万8729人。この1年間で492人が減少した。行政のように「少子高齢化対策」のお題目を唱えるのではなく、交通アクセスの整備で早期に打開を図るという商議所の手法には夢が膨らむ。ともに継続案件ではあるが、「湘南熱海」の言葉は聞いていて心地よい。

(編集主幹・松本洋二)

◇要望他の2件 ①東駿河湾環状道路の大場函南IC-函南ICの早期整備②インバウンド推進のための外国語表示の案内板整備

ショウナンパイパス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る