【編集室】鮮やかピンクの「いとうぷらんぽ号」 ただ今「アジサイ街道」を通過

 

満開の時期を迎え、「アジサイ街道」の名で知られる熱海市下多賀・小山のJR伊東線沿線には、「いとうぷらんぽ号」をシャッターに収めようと「撮り鉄」たちが歩道橋などからチャンスをうかがっている。

この電車には伊東市の女性ボランティアグループ「ぷらんぽ女子会」が発行する街歩きマップ「いとうぷらんぽ」のロゴとイラストが正面、ドア、戸袋部分に施されている。それもイメージカラーのビビットなピンク色が使われており、遠くからも一目でわかる。

熱海―下田間を1日2往復し、車内では伊東の観光情報をはじめ、下田駅までの伊豆急行沿線の名所名店を紹介。手掛けているのは、観光にかかわる地元の若い女性たちで、伊東市の補助を受け、企画から編集までの一切を自分たちで遂行。若い女性の視点で様々な情報を発信し、成果を上げている。熱海も参考にすべきところは多い。

(編集主幹・松本洋二)

◇いとうぷらんぽ 伊東温泉を「ぷらぷらおさんぽ」の意味で「いとう」に「ぷら」と「んぽ」を付けた造語。

 

izu101

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る