【編集室】鮮やかピンクの「いとうぷらんぽ号」 ただ今「アジサイ街道」を通過

 

満開の時期を迎え、「アジサイ街道」の名で知られる熱海市下多賀・小山のJR伊東線沿線には、「いとうぷらんぽ号」をシャッターに収めようと「撮り鉄」たちが歩道橋などからチャンスをうかがっている。

この電車には伊東市の女性ボランティアグループ「ぷらんぽ女子会」が発行する街歩きマップ「いとうぷらんぽ」のロゴとイラストが正面、ドア、戸袋部分に施されている。それもイメージカラーのビビットなピンク色が使われており、遠くからも一目でわかる。

熱海―下田間を1日2往復し、車内では伊東の観光情報をはじめ、下田駅までの伊豆急行沿線の名所名店を紹介。手掛けているのは、観光にかかわる地元の若い女性たちで、伊東市の補助を受け、企画から編集までの一切を自分たちで遂行。若い女性の視点で様々な情報を発信し、成果を上げている。熱海も参考にすべきところは多い。

(編集主幹・松本洋二)

◇いとうぷらんぽ 伊東温泉を「ぷらぷらおさんぽ」の意味で「いとう」に「ぷら」と「んぽ」を付けた造語。

 

izu101

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  2. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  3. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  4. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
ページ上部へ戻る