【編集室】熱海の有効求人倍率1・75倍 県内最高水準の怪

静岡労働局が27日発表した5月の静岡県内の有効求人倍率は1・07倍で、全国平均と比べると0.02ポイント低く、2カ月連続で下回っている。

熱海市はどうかというと、摩訶不思議な現象が起きている。ハローワーク三島・伊東管内(三島市、熱海市、伊豆市、伊豆の国市、函南町、伊東市)全体の傾向はおしなべて県と同様なのだが、熱海市の有効求人倍率だけが他地域より抜けて高いのだ。
4月現在の日本全体、県全体の有効求人倍率はそれぞれ1.08倍、1.05倍だったが、熱海市の有効求人倍率は1.75倍。平成24年7月以降1.0倍を下回ることなく続き、昨年12月には2.23倍を記録。その後も県内最高水準を堅持している。

要するに熱海市に限れば、市内に仕事があるにもかかわらず、働き手がなく、人手不足に陥っている状況。一部には人手が足りず、営業に支障がでているところもあるという。これも65歳以上の人口が42.1%という県内の市では最高の高齢化、右肩下がりの人口減少の影響なのだろう。しかし考えようによっては仕事自体は十分にあるのだから、贅沢な悩みではある。いい知恵はないものか-。

(編集主幹・松本洋二)

◇有効求人倍率 仕事を求めている人1人に対し、企業から何人の求人があるかを示す有効求人倍率。

客引き

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  2. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
  3. 2021-7-23

    熱海市で新たに未成年の男性がコロナ感染 感染経路は不明

    静岡県は7月23日、熱海市に住む未成年男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。市146…
  4. 2021-7-23

    伊豆山温泉、8月20、21日の夏季花火大会も中止 土石流の影響で

    熱海市と伊豆山温泉旅館組合、伊豆山温泉観光協会は8月20、21日に開催を予定していた「伊豆山温泉さ…
ページ上部へ戻る