【芸妓】「華の舞」観賞の後は起雲閣で「投扇興」はいかが

毎月最終週の土日に起雲閣で「富士山世界文化遺産登録記念イベント お試しお座敷あそび」が開かれ、熱海芸妓と興じる「投扇興(とうせんきょう)」が人気を呼んでいる。

「投扇興」は江戸時代から受けつがれてきたみやびな遊びで、台の上に乗せられた的に扇子を当てて落とし点数を競う。点数は落ち方で違い、扇子と的が離れて落ちる「花散里(はなちるさと)」が3点、的に当たっただけの「ゆらり」の2点など27種類あり、最高は胡蝶(こちょう)の85点。いずれも百人一首に由来する。

初めての人でも分かるように芸妓置屋「寿大吉」の芸妓衆がやさしく教えてくれる。「投扇興」を体験できるのは祇園、浅草、神楽坂などごく少数で一見さんでも気軽に体験できるのは全国でも熱海だけという。

◇ルール 緋毛氈の中央に的を置き、投者2名が向かい合って扇子を交互に10回投げて、合計得点の高いほうが勝者となる。

 

IMAG0502

 

的中

問合せは寿大吉(0557-83-1716)へ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る