【社寺】「夏越の大祓」で無病息災を願う 伊豆山神社

伊豆山神社(原口尚文宮司)で30日夕、「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」があり、市民や参拝者が境内に設置された「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、無病息災を願った。

暑い夏を無事乗り切ることを願い、毎年6月30日に行われる夏越の大祓は、日常生活において知らず知らずに犯している罪や穢れ(けがれ)を、半年ごとに祓い清め、清らかな姿に立ち戻らんとする神事。平安期から親しまれているという。

集まった人たちは神事の後、原口宮司に続いて古式に従い三度、茅の輪をくぐった。近年は抜き取ったカヤで小さな輪を作り、厄よけのお守りにすることが、新たな風習になっているという。

年越しの大祓は12月31日に齋行される。

izusan10

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る