【社寺】「夏越の大祓」で無病息災を願う 伊豆山神社

伊豆山神社(原口尚文宮司)で30日夕、「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」があり、市民や参拝者が境内に設置された「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、無病息災を願った。

暑い夏を無事乗り切ることを願い、毎年6月30日に行われる夏越の大祓は、日常生活において知らず知らずに犯している罪や穢れ(けがれ)を、半年ごとに祓い清め、清らかな姿に立ち戻らんとする神事。平安期から親しまれているという。

集まった人たちは神事の後、原口宮司に続いて古式に従い三度、茅の輪をくぐった。近年は抜き取ったカヤで小さな輪を作り、厄よけのお守りにすることが、新たな風習になっているという。

年越しの大祓は12月31日に齋行される。

izusan10

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
  2. 2020-12-4

    金森和道さん、熱海市清水町にコロナ対策専門店 市民の感染対策に一助

    新型コロナウイルスの感染症拡大防止に役立ててほしいと、熱海市清水町に新規オープンした「あん…
  3. 2020-12-3

    熱海市で新たに70歳男性がコロナ感染 12月に入り3日連続

    静岡県は12月3日、熱海市で新たに70歳代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これで…
  4. 2020-12-3

    12月9、10日に市議会「一般質問」 コロナ禍の諸問題で論戦 質問全掲

    熱海市議会11月定例会は12月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と田中秀宝氏を…
ページ上部へ戻る