【文化】友好の神輿をカスカイス市に寄贈 ポルトガル訪問団

熱海市国際交流協会(竹内敏郎会長)の国際姉妹都市カスカイス市(ポルトガル)訪問団が両市の友好を深めようと、伊豆山勢興会が提供した神輿を寄贈した。6月20日から25日までの5日間、斉藤栄市長、高橋幸雄議長、同協会会員3人、伊豆山勢興会会員6人など12人がカスカイス市とリスボン市を訪問した。

リスボン市では21日にあった「日本祭り-フェスタ・デ・ジャポン-」に参加。高橋議長をはじめ、伊豆山勢興会メンバーが実際に神輿を担いで日本文化を紹介。22日にはカスカイス市にカレイラス市長を訪ね、神輿の贈呈式を行った。東博史駐ポルトガル大使が同行した。

(写真左から高橋議長、東大使、カレイラス市長、斉藤市長、ガルシア副市長=カスカイス市役所で)

◇カスカイス市 ポルトガルの首都リスボンからおよそ1時間の美しい国際的なリゾート都市。太陽海岸(コスタ・ド・ソル)と呼ばれる美しい海岸線を持ち、マリンスポーツやゴルフ、乗馬が楽しめます。豪華なホテルやレストラン、カジノなどが並び、欧州最西端のロカ岬への観光の拠点にもなっている。熱海市は平成2年に姉妹都市を締結。

DSC01581

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  2. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  3. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  4. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
ページ上部へ戻る