【社会】所在不明児童 熱海市にも3人

静岡県は3日、「居住実態が把握できない児童」に関する調査結果を発表した。厚労省の調査で5月1日の時点で住居実態が把握できていない児童が県内で66人いたが、その後の調査で26人の居住実態を把握した。しかし、40人の児童の居住実態がいぜん不明だという。そのうち熱海市にも4人いることが分かった。

保護者が外国籍で転出届を出さずに帰国のケースが多いが、熱海市の4人のうち2人は日本人の保護者。2歳の男児と女児の居住を把握できていないという。

◇「居住実態が把握できない児童」とは 市町の住民基本台帳に記載のある児童のうち、各行政事務の担当部門において連絡・接触が図れていない家庭(音信不通の家庭)に属する児童

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-12

    熱海市、台風被害支援「宿泊クーポン」発行取りやめ 再検討で効果に疑問

    熱海市は12月12日、台風19号で断水などの被害を受けた市内ホテル旅館の誘客促進に発行するとしていた…
  2. 2019-12-12

    俳優・梅宮辰夫さん死去 81歳 長年にわたり、熱海のイベントに協力

    俳優の梅宮辰夫さんが12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなった。真…
  3. 2019-12-11

    マリーズキッチンで「眺めの良いコンサート」 熱海にトランペットの音響く

    冬の熱海海上花火大会に合わせて12月8日、熱海市紅葉ヶ丘町の「マリーズキッチン&ライブスタ…
  4. 2019-12-11

    国際医療福祉大熱海病院、来年3月末で分娩休止 出産可能機関は安井病院だけに

    赤尾光一市議 熱海市の国際医療福祉大熱海病院が、産婦人科の医師の継続的な確保が難しく…
ページ上部へ戻る