【話題】カルガモの親子、ただいま熱海梅園で「集団行動」特訓中

熱海梅園の香林亭の池付近で、カルガモの親子が姿を現し、子育ての愛くるしさが市民や観光客の目を楽しませている。

熱海市公園緑地室によると、6月末にカルガモの産卵を確認したという。本紙が7月3日に同池に赴くと、母カルガモが日体大の清原伸彦監督よろしく、9羽の子どもたちを引き連れて規律ある歩行と水中足かきの集団行動を教え込んでいた。これまでもカルガモが飛来してくることはあったが、熱海梅園で卵をふ化させ、ひなが誕生したのは初めてという。

同緑地室では「ひなは韓国庭園や中山晋平記念館にも移動しているのでとびだしに注意してほしい」と呼びかけている。

DSC_3430sspDSC_3349ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  2. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
  3. 2020-8-12

    ハチミツのロウでキャンドル作り 姫の沢公園で夏休みの体験教室

    熱海市の姫の沢公園のビジターセンターで8月9日、夏の特別企画「蜜蝋(みつろう)キャンドル」…
  4. 2020-8-11

    熱海で今年最高の34・6度  海の涼求め、首都圏からの車列続く

    高気圧に覆われた影響で、8月11日の熱海市は日差しが強まり、網代で午後1時37分に今年の最高気温と…
ページ上部へ戻る