【文化】涼しげな「手描きのうちわ・扇子展」 坂本画伯が自宅アトリエを公開


本格的な夏を前に涼しさを感じてもらおうと、日本画家の坂本武典さんの「手描きのうちわ・扇子展」が熱海市渚町の自宅で6日まで開催されている。スイカ、紫陽花、カボチャ、アユなど夏らしいモチーフを描いたうちわや扇子60点を展示。普段は見ることのできないアトリエも公開され、市民や坂本さんに師事する絵画教室の教え子たちが訪れている。
画室を訪ねると、坂本さんは来宮神社に納める150号の大作「金魚すくいの絵」を制作中でその時間を割いて手描きでうちわを制作していた。ご覧のように透明水彩で着彩。色の積み重ねで美しさや力強さを表現していく。いつも柔和な画泊だが、制作中の眼光は鋭い。

DSCN3719

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ感染防止で歴代初のデュオ

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  2. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  3. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  4. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
ページ上部へ戻る