【文化】涼しげな「手描きのうちわ・扇子展」 坂本画伯が自宅アトリエを公開


本格的な夏を前に涼しさを感じてもらおうと、日本画家の坂本武典さんの「手描きのうちわ・扇子展」が熱海市渚町の自宅で6日まで開催されている。スイカ、紫陽花、カボチャ、アユなど夏らしいモチーフを描いたうちわや扇子60点を展示。普段は見ることのできないアトリエも公開され、市民や坂本さんに師事する絵画教室の教え子たちが訪れている。
画室を訪ねると、坂本さんは来宮神社に納める150号の大作「金魚すくいの絵」を制作中でその時間を割いて手描きでうちわを制作していた。ご覧のように透明水彩で着彩。色の積み重ねで美しさや力強さを表現していく。いつも柔和な画泊だが、制作中の眼光は鋭い。

DSCN3719

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る