【まちづくり】夏の風物詩「宮川マス釣り大会大盛況」 熱海市下多賀

熱海市下多賀の宮川で6日、「第49回下多賀宮川マス釣り大会」(下多賀町内会主催)が開かれ、この日を心待ちしていた450人釣りファンが駆け付けた。この大会は年間を通じて「宮川」の美化に取り組んでいる下多賀町内会(高木洋明会長)が宮川上流の宮中橋から下流の老松橋までの約500メートル間にマス約4000匹を放流し、釣果を競うもので今年で49回目を迎える歴史ある大会。

「町の川」を憩いの場に観光客と地区住民が一体となって水辺で交流できるイベントとして定着、下多賀地区の夏季誘客に貢献している。

近年は市外からの参加者も急増し、この日も川の両岸から大物を狙ってイクラなどを餌に釣り糸を垂らし、次々に60センチ級の大物を釣り上げた。

DSC_3643ssp (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る