【市政】熱海梅園に「カルガモ優先道路」設置 スター出現に神経ピリリ

熱海梅園を集団で行動するカルガモの親子が市民や観光客の目を楽しませている。生後1週間程度だった7月3日には母親を追う9羽のひなのうち、1羽、2羽が集団をはみ出すことがあったが、日曜日の6日には集団で仲良く泳げるまでに成長した。 しかし、歩行はまだ統制がとれず、香林池をベースに韓国庭園や中山晋平記念館にきままに移動するため、熱海市公園緑地室は道路や移動通路に「カルガモ優先道路」の看板の設置。「カルガモの親子が通ります。やさしく見守って下さい。さわらないようにお願いします」と来園者に注意を喚起している。

ひなは猫やカラスに襲われる心配もあり、同園を管理するシルバーセンターの会員らが目を光らせているが、園内は広く、夜間は監視できない。来園者たちは「元気に育ってほしい」を気をもんでいる。

DSC_3838sspDSC_3824sspDSC_3861ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る