【市政】斉藤栄市長が市政報告会 「新生熱海はこれからが正念場」

さいとう栄後援会(富岡篤美会長)は6日、起雲閣音楽サロンで斉藤栄熱海市長の「2期8年の実績」と「これからの熱海市」と題して市政報告会を開いた。菊地豊伊豆市長、若林洋平御殿場市長、冨田幸宏湯河原町長を来賓に迎え、およそ250人の市民が出席。会場は満席となった。

既に次期市長選(9月7日投票)への出馬を表明している市長は「2期8年の実績」について①職員数を634人から499人に21%削減②市の不良債務(赤字)を40.9億円→6.9億円に8割削減③市の基金残高(貯金)を12.6億円→37.3億円に約25億円積み増し④当初40億円が予想された新庁舎の建設を分庁化とシステム建設で26・5億円で済ませ、浮かせた資金で新生熱海中学を建設⑤ロケ支援でお金をかけずにシティプロモーションに成功した実績を強調した。

「これからの熱海市」については、市が購入した熱海岡本ホテル跡地を「市民の集う場」として市民ホール&図書館建設を挙げ、2020年東京五輪を見据えて「日本でナンバー1の温泉観光地構想」を掲げた。具体例として①湯煙りが上がる大湯間欠泉整備②伊豆山神社の参道を石畳風に改造③江戸城を築いた石丁場跡(網代朝日山公園)の観光資源化を掲げ、「本物の観光まちづくり」を目指すという。

斉藤市長は「財政危機宣言でスタートした1期目は市の財政再建に取り組んだ。2期目は元気な経済と豊かな暮らしの実現に力を注いできた。しかし、税収減、働き盛り世代の転出といった課題が残された。3期12年やらないと市政は変わらない。熱海は池の底からようやく顔を出したところ。圧倒的な熱海をつくれるかどうか、新生熱海はこれからが正念場。もう1期やらせていただきたい」と支援を呼びかけた。

(編集主幹・松本洋二)

DSCN3738DSCN3740

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  2. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
  3. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
  4. 2020-10-22

    【お悔やみ】土屋八郎さん(熱海市網代)10月20日死去

    土屋八郎さん(つちや・はちろう)10月20日死去、87歳。熱海市網代。通夜22日午後6時。葬儀23…
ページ上部へ戻る