【例大祭】浦安の舞、本番へ向け十二単姿で初稽古

来宮神社(雨宮盛克宮司)の例大祭(14-16日)で伝統の「浦安の舞」を奉納する4人の舞姫が9日夜、初めて十二単に身を包み、神社本殿で本番さながらの稽古を行った。4人は責任当番町の旭町二丁目から選ばれた少女たち。先月半ばから連日稽古を続け、前日はほぼ完ぺきに舞っていたが、鎌倉時代から受け継がれた伝統の衣装は裾も長く、勝手が違う様子。それでも雨宮宮司の姉の貴子さんが指導に当たり、適切なアドバイスを送るとすぐに自信を取り戻し、いつもの笑顔が戻った。
浦安の舞の奉仕者は毎年代わり、およそ24年に1度回ってくる責任当番町から選ばれる。

例大祭で御神女を務めるのも旭町二丁目の少女。同町は同時間帯で渚小公園で山車コンクールの熱海囃子の稽古もしており、子供たちは総出状態。例大祭で渉外広報総括部長も務める米倉久高さんは「自分の娘も舞姫をご奉仕させていただいたが、あのころは子供がたくさんいた。今回はどうにかまかなえた。が、次の責任当番町が回って来た時が心配。1つの町内では出来ないのでは」と、熱海市の歯止めのかからない少子化に警鐘を鳴らした。
例大祭では2日目と3日目の神幸祭、御神幸行列などの際に浦安の舞を奉納する。

IMG_5050ss
◇浦安の舞の奉仕者 岩藤桃子さん(熱海中3年)、森内みさきさん(同)、澤辺夢花さん(熱海中1年)、松下亜澄さん(第二小6年)
◇神女神楽の奉仕者 逸見梨緒さん(第一小1年)

IMG_5013ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る