【編集室】お母さんカモが早朝に熱海梅園に帰還、子供たちと再会も…またぞろ「川下り」の旅へ

前日、台風8号の接近で激流に飲み込まれるのを気遣い、市民の熱意で熱海芸妓見番近くの初川から生まれ育った熱海梅園に戻された8羽のカルガモのヒナたち。結果として捕獲できなかったお母さんだけが取り残され、親子が離ればなれに。さてどうなるものかと心配したが、なんてことはなかった。

一夜明けた11日朝、母カルガモは熱海梅園の香林池に姿を現し、何事もなかったかのように子どたちに寄り添っていたという。

「という」と言うのは、朝の段階で市の関係者が目視しており、母親が帰還したのは間違いないのだが、本紙が正午過ぎと午後3時過ぎに現地を訪れるとともに家族全員の姿がなかった。

この日は台風一過で園内も33度まで気温が上がり、歩いているだけで汗だく。その傍らに木々に覆われ、涼やかに流れる初川の清流。一度味わった「川下りの楽しさ」を忘れられず、またぞろ家族旅行にと思ったら、案の定、梅園を離れ、夕刻には市内清水町の初川に出現。仲良く泳ぐ親子の姿を市民が温かく見守っている。

(編集主幹・松本洋二)

 

DSCN3840

DSCN3843【写真】熱海梅園の香林池と園内の清流(7月11日)、カルガモたちのパパとママ(3月20日=熱海梅園)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る