【社寺】例大祭の神事厳かに 雨宮宮司が熱海の繁栄と平和を祈願

来宮神社神社(雨宮盛克宮司)の例大祭は15日午前、本殿で例大祭奉幣の神事が厳かに執り行われた。静岡県神社庁副庁長で伊古奈比咩命神社(いこなひめのみことじんじゃ=下田・白浜神社)の原嘉孝宮司が神社本庁から来宮神社の例大祭に捧げられた幣帛料(へいはくりょう)を供進する使者を務め、雨宮宮司が拝殿に備え、熱海の氏子地域の繁栄と恒久の平和を祈願した。

神事では雨宮盛克宮司の祝詞奏上に続き、静岡県神社庁庁長の櫻井豊彦静岡浅間神社宮司、小澤修二箱根神社宮司、原口尚文伊豆山神社宮司、姫岡恭彦久能山東照宮権宮司、泉明寺みずほ宮司らが玉串を捧げた。雨宮宮司は「先代の宮司が長年願っていた新しい参集殿のもとでの初めての例大祭。参道も新しくなり、ここを宮神輿が通る。熱海の繁栄のために例大祭と観光祭を成功させたい」とあいさつした。

(編集主幹・松本洋二)

◇著名人の玉串奉てん者 橋田壽賀子(脚本家)、江原啓之(日本スピリチュアリズム協会)、湯川れいこ(音楽評論家)

 

 

DSCN3918DSCN3948DSCN3947

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る