【社寺】宮神輿がリレー方式で各町内を渡御 熱海は祭り一色

来宮神社の例大祭は15日、宮神輿(みこし)の宮出しで幕を開けた。宮神輿保存会(山田康夫会長)の会員らに担がれ宮神輿は午前9時に境内を出発。関係町内に引き継がれて市内を威勢良く練った。
強い日差しが降り注ぐ中、それぞれの町内の若衆や御鳳輦(ごほうれん)奉仕者などが交代で担ぎ、宮坂を下ったあと、咲見町、熱海駅、渚親水公園、銀座町などを6時間かけて渡御した。銀座町の宝屋精肉店前では旭町、旭町二丁目の若衆から本町、友楽町の若衆に交代。新たな掛け声とともに宮神輿をつないだ。

DSCN3952DSCN3956IMAG0680IMAG0613

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る