【市政】挑戦者・森田金清氏が事務所開き 熱海市長選控え後援会

任期満了に伴い8月30日告示、9月7日投開票で行われる熱海市長選に立候補を表明している新人で熱海市観光協会会長の森田金清氏(46)の後援会事務所開きが22日、熱海市銀座町であり、およそ250人の支援者が駆け付けた。

来宮神社・雨宮盛克宮司の後援会事務所開きの神事に続いて、森田氏が「熱海市は昨年1年で507人が転出し、高齢化率(65歳以上)は42パーセントを超え、下から1、2位。少子化も続く。斉藤市長はこの8年で借金を減らし預貯金を増やした強調するが、これは熱海市株式会社が儲かったというだけで市民には還元されていない。霞ケ関のお役所的な仕事ではなく、守りの市政から攻め経営に転じてだれでも豊かに暮らせる街を作っていきたい」と決意を述べ、「そのためには経営のプロがリードする必要がある。きょうの後援会事務所開きが新しい熱海のスタートになる」と訴えた。

杉山誠一後援会長、原規公町内会長連合会東部地区会長、中島幹雄幹事長、山田あき子女性部長、武山陽司青年部長、杉山利勝副議長、目黒俊男熱海市ホテル旅館組合理事長らが激励した。

◇主な出席者 佐藤元昭市議、藤曲敬宏市議、川口健市議(自民系爽心会)、岩本寛熱海商店街連盟会長、赤尾信幸前熱海市観光協会会長、小倉一朗NPO法人エイミック理事長、小石川勇熱海社交業組合組合長、島田善一熱海温泉ホテル旅館協同組合副理事長、市来広一郎熱海市観光協会副会長。

森田あいさつ

IMAG0826 (1)DSCN3904

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  2. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
  3. 2021-7-23

    熱海市で新たに未成年の男性がコロナ感染 感染経路は不明

    静岡県は7月23日、熱海市に住む未成年男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。市146…
  4. 2021-7-23

    伊豆山温泉、8月20、21日の夏季花火大会も中止 土石流の影響で

    熱海市と伊豆山温泉旅館組合、伊豆山温泉観光協会は8月20、21日に開催を予定していた「伊豆山温泉さ…
ページ上部へ戻る