【市政】田中ひでたか後援会も臨戦態勢、27日に事務所開き式

 

熱海市長選に立候補を表明している新人で市議の田中秀宝氏(45)の「田中ひでたか後援会」(岩元正会長)は22日、熱海市昭和町に開設した「田中ひでたか後援会事務所」の事務所開き式を27日午前10時30分に行うと発表した。

田中氏は同日、熱海市役所の記者クラブを訪れ、「今こそ呼び起こそう あたみ愛」と題した公約資料の趣旨説明を行った。パンフレットでは「本気で挑めば未来は変えられる」と訴え、①熱海を稼げる街に変える!300万人の宿泊客を取り戻す②住みやすい街に変える!人口減少に歯止めを③熱海市役所を変える、意識を変える――を公約の3本の柱に据えている。

現職の斎藤栄市長(51)も既に熱海市清水町に「さいとう栄後援会後援会事務所」を開設しており、3陣営とも8月31日告示、9月7日投開票の熱海市長選へ臨戦体制が整った。

秀宝パンフ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る