【観光】サタデー・ナイト開催に3万人がフィーバー、熱海海上花火大会

夏季熱海海上花火大会(主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合)の第2弾が26日夜、熱海湾で開催され、防波堤の3カ所から打ち上げられた5000発の花火が夏の夜空を盛大に彩り、訪れた3万人の市民や観光客を魅了した。
この日は珍しい「土曜日の開催」とあって、熱海サンビーチや渚親水公園には、日暮れ前から大勢の若者が東京、神奈川方面から繰り出した。夕刻には待ってましたとばかり風も吹き出し、絶好の花火コンディションとなり、スターマインや大物の尺玉、大空中ナイアガラが浴衣姿の来遊者らを魅了した。

花火終了後は、熱海駅へ向かう長蛇の列が続いた。次回は8月5日午後8時20〜50分に開催。

IMAG0858-2

IMAG0866-1-1DSCN3954

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-16

    熱海―初島航路 1月16日〜2月15日まで減便 1日7便から5便に

    熱海港と初島港を結ぶ富士急マリンリゾートは1月16日~2月15日まで、1日7便の運航を5便に減らす…
  2. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  4. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
ページ上部へ戻る