【観光】遠州手筒花火の勇壮な”炎のショー”に大歓声 納涼花火大会&サンバパレード

熱海市泉の泉公園をメーン会場に26日夜、「伊豆湯河原温泉納涼花火大会&サンバパレード」(伊豆湯河原温泉観光協会・伊豆湯河原温泉旅館協同組合・湯河原温泉観光協会共催)が開かれた。会場を埋めた市民や観光客らは、夏の夜を華やかに彩るサンバパレード、手筒花火、打ち上げ花火などに酔いしれた。

花火は同公園で行われ、フィナーレを飾った手筒花火はご覧のように迫力満点。湖西市の遠州手筒花火保存会の会員たちが、火の粉を浴びながら勇壮な”炎のショー”を繰り広げ、観客から大きな拍手が送られた。

サンバパレードは浅草カーニバルのS1リーグ(トップグループ)のメンバーが湯河原町の湯河原観光会館から泉公園まで約600メートルを練り歩き、激しいラテンのリズムが泉公園のボルテージを一気に高めた。

DSC_5687ss (1) DSC_5713ss2yuga100

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る