【社寺】鹿島踊り奉納し繁栄を祈る 夏祭りの最後を飾り多賀神社例大祭

熱海の夏祭りの最後を飾る熱海市上多賀の多賀神社(雨宮盛克宮司)の例大祭が29日、盛大に挙行された。社殿での神事に続き、境内で市指定無形文化財の鹿島踊りが奉納され、多賀神社鹿島踊り保存会(藤間勝夫会長)の会員が勇壮な踊りを披露。地元市民らが周りを取り囲み、伝統行事に見入った。
鹿島踊りの奉納の後、御神幸行列が神社を出発、鉾(ほこ)や獅子に先導されて、厄年奉仕者の担ぐ御鳳輦が各地区を巡行し、多賀地区の繁栄と平和を祈った。

DSC_6175ssp

 

DSC_6187sspDSC_6285sspDSC_6243ssp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  2. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  3. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
  4. 2020-2-25

    熱海温泉のホテル旅館が「感謝デー」クイズ大会に多勢の観梅客

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月24日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)が「感謝デー」を…
ページ上部へ戻る