【社寺】夜も神輿が練り、夏祭りシーズン終了を惜しむ 多賀神社例大祭

熱海の夏祭りの最後を飾る熱海市上多賀の多賀神社(雨宮盛克宮司)の例大祭は29日、社殿での神事に続き、御神幸行列が神社を出発。白装束姿の厄年奉仕者が担ぐ御鳳輦が各地区を巡行し、戸又港では青年部・青塊会の神輿も加わって伝統の浜降りが挙行され、多くの市民や観光客が見守った。

夜を迎えても祭りは続き、子供たちを乗せた上多賀青年団の山車が繰り出し、「輝神会」の神輿(みこし)が勇壮な練りを披露するなどして、今夏最後の熱海の夏祭りはクライマックスを迎えた。上多賀地区に威勢のいい掛け声と祭り囃子の音が遅くまで続いた。

DSC_6259ssp

DSC_6333sspDSC_6317sspDSC_6318ssp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る