【花】猛暑にも負けず「サルスベリ」が見頃です 中山晋平記念館


夏休みに入り、連日暑い日が続いておりますが、その強烈な日差しにも負けず、ご覧のような濃いピンク色の花を咲かせているのが熱海梅園にある中山晋平記念館のサルスベリ(百日紅)です。樹皮のはがれた部分がつるつるしているところから、「猿も滑って落ちる→猿滑り」が、その名の由来。

併せて「百日紅」の文字が示す通り、7月のお盆の頃から9月の彼岸あたりまで約100日間紅色の花を咲かせることから付いたというという説も。もっとも、実際は一度花が咲いた枝先に新たな芽が生えて花を付けるため、咲き続けているように見えるのだそうです。

IMG_5594sspIMG_5597sspです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る