【編集室】これぞ、伊豆多賀流の「おもてなし」 いま評判のうみえーる長浜の「花火広場」

熱海市上多賀のうみえーる長浜(長浜海浜公園)前のビーチに設けられた「花火広場」が評判を呼んでいる。海水浴期間(7月12日~8月31日)に合わせ、6年前から始めた企画で、毎晩午後7時30分から9時30分までの2時間、花火を持参すれば無料で利用できる。ただし「手持ち花火」が原則で噴水型はOKだが、「打ち上げ型」は使用できない。

さてどんなものかと覗いてみると、受付で多賀観光協会のスタッフが水の入ったバケツとロウソク、チャッカマンを貸し出してくれた。そのロウソクも普通のものだと海風ですぐ消えてしまうので、いったんロウソクを溶かして太い芯を入れて作り替えてある。
この花火セットを携えて、ご覧のような「青いLED」で囲まれたビーチで花火を楽しむシステムで東京、神奈川からの家族連れ客らが花火を楽しんでいた。

花火は受付でも販売(300円、500円、1,000円の3種類)しており、手ぶらでもOK。ただし、自分の花火のゴミはバケツに入れて後始末をして返すのがルール。翌朝は海水浴場になるためだが、それを分かっているから放置して帰るマナーの悪い利用者はいない。
スタッフもボランティア、電力もLEDのため、ほとんど費用がかからない。派手な打ち上げ花火もいいが、子供たちの情緒豊かな線香花火も趣深い。

南熱海の宿泊施設を利用する旅行者へのサービス目的で始めたそうだが、年々評判が広がり、熱海のホテル旅館を利用する若いカップルも増えてきているという。
民宿もあり、家族旅行が多い伊豆多賀ならでは「おもてなし」だが 熱海全体の集客にも寄与している。

(編集主幹・松本洋二)

 

※8月12日と16日はそれぞれ多賀海上花火大会と百八体流灯祭が開催されるため、花火広場は中止。

 

DSC_6377ssDSC_6364ss (1)DSC_6360ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-19

    残り少ない夏満喫 熱海海上花火大会に今年最高の3万9千人 市の人口上回る

    夏季熱海海上花火大会の第5弾が8月18日、熱海湾であり、市の総人口(7月末現在3万…
  2. 2019-8-19

    7月末の人口3万6811人 前月より27人減少、世帯数は2増加/熱海市

    熱海市は、7月末現在の地区、月別人口及び世帯数を公表した。総人口は3万6811人(男性1万6674…
  3. 2019-8-19

    【お悔やみ】小松素子さん(熱海市咲見町)8月18日死去

    小松素子さん(こまつ・もとこ)8月18日死去、88歳。熱海市咲見町。通夜22日午後6時。葬儀23日…
  4. 2019-8-19

    【お悔やみ】川口芳晃さん(熱海市下多賀)8月16日死去

    川口芳晃さん(かわぐち・よしあき)8月16日死去、81歳。熱海市下多賀。通夜18日午後6時30分。…
ページ上部へ戻る