【文化】かがり火の下、MOA美術館特設会場で薪能が開幕 

真夏の風物詩「第30回MOA美術館薪能」が1日夜、MOA美術館ムア広場特設会場であった。初島、伊豆大島の夜景を背景に能舞台がかがり火に揺らめき、幽玄の世界で観衆を魅了した。2日も行われる。

MOA美術館の薪能は、日本の伝統文化の普及、向上と地域社会への貢献を願って毎年この時期に開催され、夏の風物詩として定着するとともに、熱海市の文化レベルの高さを全国に発信している。雄大な相模湾を眼下に望み、火入れ式のころには、湾上に漁火が揺るぎ、海原は光のるつぼと化す。出演者のレベルの高さと相まってまって、屈指の人気を誇っている。

◇演目 1日が能「八島」、狂言「梟山伏」、能「殺生石」。2日が能「百萬」、狂言「長光」、能「岩船」。

DSC_6858ssp

 

DSC_6741sspDSC_6659ssDSC_6646sspDSC_6784ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-25

    熱海、本格的な回復を取り戻す 花火大会に1万1千人 年内に4回追加

    政府の観光支援事業「GoToトラベル」に東京発着が加わって1カ月。旅先の買い物、飲食に使え…
  2. 2020-10-25

    姫の沢公園で「スポーツフェスタ」5種類の教室で専門家から学ぶ

    コロナ禍で運動不足になった市民に様々なスポーツを体験してもらおうと10月24日、熱海市の姫…
  3. 2020-10-25

    【お悔やみ】長津昭治さん(熱海市下多賀)10月23日死去

    長津昭治さん(ながつ・しょうじ)10月23日死去、94歳。熱海市下多賀。通夜26日午後6時。葬儀2…
  4. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
ページ上部へ戻る