【文化】かがり火の下、MOA美術館特設会場で薪能が開幕 

真夏の風物詩「第30回MOA美術館薪能」が1日夜、MOA美術館ムア広場特設会場であった。初島、伊豆大島の夜景を背景に能舞台がかがり火に揺らめき、幽玄の世界で観衆を魅了した。2日も行われる。

MOA美術館の薪能は、日本の伝統文化の普及、向上と地域社会への貢献を願って毎年この時期に開催され、夏の風物詩として定着するとともに、熱海市の文化レベルの高さを全国に発信している。雄大な相模湾を眼下に望み、火入れ式のころには、湾上に漁火が揺るぎ、海原は光のるつぼと化す。出演者のレベルの高さと相まってまって、屈指の人気を誇っている。

◇演目 1日が能「八島」、狂言「梟山伏」、能「殺生石」。2日が能「百萬」、狂言「長光」、能「岩船」。

DSC_6858ssp

 

DSC_6741sspDSC_6659ssDSC_6646sspDSC_6784ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る