【観光】金と銀の空中ナイアガラに大歓声、伊豆山温泉納涼海上花火大会

「第64回伊豆山温泉納涼海上花火大会」(同温泉観光協会主催)が3日、伊豆山港であり、熱海海上花火大会を上回る約5000発の花火が夜空を舞った。スターマインをはじめ、創作花火などが約30分間にわたって打ち上げられ、浴衣姿のカップルや家族連れが「ホテルニューさがみや」と「うみのホテル中田屋」前に特設された会場で観賞。目の前で上がる花火の音と光の共演を楽しんだ。

伊豆山温泉の宿泊施設では、どこの施設からでも、花火を見ることができ、フィナーレを飾る「金と銀の空中ナイアガラ(縁結び花火)」が打ち上げられると、それぞれのホテルの特設観客席や客室から歓声が上がった。
同温泉では海上花火大会を8月に4回開催。今回が第1弾で次回は11日に開かれ、25日、26日のさざえ祭りでも打ち上げられる。

DSC_7240sskg (1)

IMG_5768ss

DSC_7246ss

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る