【観光】金と銀の空中ナイアガラに大歓声、伊豆山温泉納涼海上花火大会

「第64回伊豆山温泉納涼海上花火大会」(同温泉観光協会主催)が3日、伊豆山港であり、熱海海上花火大会を上回る約5000発の花火が夜空を舞った。スターマインをはじめ、創作花火などが約30分間にわたって打ち上げられ、浴衣姿のカップルや家族連れが「ホテルニューさがみや」と「うみのホテル中田屋」前に特設された会場で観賞。目の前で上がる花火の音と光の共演を楽しんだ。

伊豆山温泉の宿泊施設では、どこの施設からでも、花火を見ることができ、フィナーレを飾る「金と銀の空中ナイアガラ(縁結び花火)」が打ち上げられると、それぞれのホテルの特設観客席や客室から歓声が上がった。
同温泉では海上花火大会を8月に4回開催。今回が第1弾で次回は11日に開かれ、25日、26日のさざえ祭りでも打ち上げられる。

DSC_7240sskg (1)

IMG_5768ss

DSC_7246ss

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る