【スポーツ】伊東高の59秒差優勝を支えた女子部員の熱い声援 

2時間35分03秒で5連覇を成し遂げた伊東高チームの古牧佳一朗選手は優勝インタビューで「ずっと2番の大学生チーム(慶応葉山)が横に粘っていて苦しかった。先輩たちが築いた伝統を後輩たちに引き渡すことができて良かった」と笑顔で話したが、ゴールした瞬間は「残り1500メートルが死ぬほどきつかった」と本音を漏らした。

勝因はチームワーク。同校チームは同伴船に水泳部の女子部員4人が乗り込み、2時間半に渡ってメガホンで声援を送り続けた。この熱い激励に古牧、高栖翔、内山雅貴の3選手は15分置きに向かい風と高波をかぶる先頭を務め、ピッチ泳法に徹して大学生チームを打ち負かした。慶大の猛追はゴール前まで続いた。

DSC_7409ss2

DSC_7287ssp (1)

IMAG0925

 

IMAG0958

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度祭典委員会(福井敏幸委員長)…
  2. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  3. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  4. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
ページ上部へ戻る