【スポーツ】伊東高の59秒差優勝を支えた女子部員の熱い声援 

2時間35分03秒で5連覇を成し遂げた伊東高チームの古牧佳一朗選手は優勝インタビューで「ずっと2番の大学生チーム(慶応葉山)が横に粘っていて苦しかった。先輩たちが築いた伝統を後輩たちに引き渡すことができて良かった」と笑顔で話したが、ゴールした瞬間は「残り1500メートルが死ぬほどきつかった」と本音を漏らした。

勝因はチームワーク。同校チームは同伴船に水泳部の女子部員4人が乗り込み、2時間半に渡ってメガホンで声援を送り続けた。この熱い激励に古牧、高栖翔、内山雅貴の3選手は15分置きに向かい風と高波をかぶる先頭を務め、ピッチ泳法に徹して大学生チームを打ち負かした。慶大の猛追はゴール前まで続いた。

DSC_7409ss2

DSC_7287ssp (1)

IMAG0925

 

IMAG0958

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    今年も絶景パノラマ MOA美術館「水晶殿」 色鮮やかなツツジ、美を誇る

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  2. 2021-4-15

    伊豆山神社例大祭 2年連続で神事だけ 石段下り、神輿渡御は中止

    熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日午前、同神社で斎行された。新型コロナウイルスの感…
  3. 2021-4-14

    熱海市で今年最高の23•8度 低気圧が通過し、6月上旬並みの気温

    関東や東海は4月14日、低気圧が通過したため、気温が上昇した。気象庁のデータによると、静岡市(駿河…
  4. 2021-4-14

    静岡知事選で自民県連、岩井茂樹参院議員擁立へ 川勝氏との事実上「一騎打ち」

    任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、独自候補の擁立を目指していた自民党静岡…
ページ上部へ戻る