【スポーツ】熱海三田会の願い届かず、”海の王者”慶応葉山は準優勝

平成12年の第53回大会以来12年ぶりの優勝を狙った慶応葉山(慶応大学水泳部)は59秒届かず(2時間36分02秒)、昨年と同じ2位に終わった。熱海三田会の高橋盛泰会長(ホテルニュータカハシ社長)はムーテラスの先端から同会の旗を掲げ、後輩たちの逆転に声をからしたが、わずかの差で涙を飲んだ。

それでも 川崎一紀、山本将太、中井滉の3選手が胸を張ってゴールすると、OBの面々がすぐに駆けつけ、健闘を称えた。熱海三田会の重鎮・鵜沢精一前熱海商議所会頭は救助艇から鎌田武俊市議は本部艇からレースを見守った。「初島・熱海間団体競泳大会」20回優勝の”海の王者”復活は来年に持ち越された。

DSC_7527ss2

IMAG0949-1-1-1-1-1

IMAG0958

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る