【編集室】本邦初公開、熱海の花火を観るならここ! 「Blue Atamii」はいかが

 

年間に13回打ち上げられる熱海海上花火大会ですが、もっともデリシャスなのが8月5日の花火。毎年曜日に関係なく開催され、熱海市観光協会が「花火の街熱海」の威信をかけてお届けします。

フィナーレの大空中ナイアガラをはじめ、日本を代表する花火製造会社イケブン自慢の創作花火など5000発超が打ち上げられ、今年も火曜日にも関わらず、2万9000人の観衆が熱海湾に駆けつけました。

観賞ポイントは有料、無料を含めいくつもありますが、今日は熱海サンビーチ前のホテルミクラスの協力を得て、絶景ポイント「Blue Atamii」をこっそり紹介します。場所はご想像下さい。花火打ち上げ時にはブルーのライトは消されます。

(編集主幹・松本洋二)

IMG_5865ssp

IMG_5900ssp

IMG_5879ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る