【編集室】本邦初公開、熱海の花火を観るならここ! 「Blue Atamii」はいかが

 

年間に13回打ち上げられる熱海海上花火大会ですが、もっともデリシャスなのが8月5日の花火。毎年曜日に関係なく開催され、熱海市観光協会が「花火の街熱海」の威信をかけてお届けします。

フィナーレの大空中ナイアガラをはじめ、日本を代表する花火製造会社イケブン自慢の創作花火など5000発超が打ち上げられ、今年も火曜日にも関わらず、2万9000人の観衆が熱海湾に駆けつけました。

観賞ポイントは有料、無料を含めいくつもありますが、今日は熱海サンビーチ前のホテルミクラスの協力を得て、絶景ポイント「Blue Atamii」をこっそり紹介します。場所はご想像下さい。花火打ち上げ時にはブルーのライトは消されます。

(編集主幹・松本洋二)

IMG_5865ssp

IMG_5900ssp

IMG_5879ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る