【観光】昼は海水浴、夜は海上花火 熱海サンビーチが人気

夏季熱海海上花火大会(主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合)の第4弾が8日夜、熱海湾で開催され、防波堤の3カ所から打ち上げられた5000発の大輪の「花」が、2万5000人の市民や観光客を魅了した。

強い台風11号の影響もなく開催されたが、この夜はほとんど風がなく、煙が邪魔をした。それでも熱海サンビーチでは海水浴を終えた観光客らがそのまま残り、スターマインや尺玉、創作花火などのまゆい光の大輪と大音響を楽しんだ。次回の夏季花火大会は17日。時間は午後8時20分から30分間。

客美形

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る