【社会】カルガモ母子、ぶじ台風11号を乗り切る 清水橋近くの初川に元気な姿

台風11号は熱海から遠ざかり、静岡地方気象台は11日午前4時50分、すべての警報を解除した。今回の台風で市民が気をもんでいたのが、あのカルガモ母子。ちょうど1カ月前の7月10日、台風8号の接近で激流に飲み込まれるのを心配した市民らが熱海梅園に戻したのはいいが、すぐさま初川「川下りの旅」へ。その後は昼は川遊び、夜は草の茂みなどで休む姿が時おり目撃されていた。そこにまたぞろ大型台風の到来。ぶじ乗り越えてくれれば、と願った市民は多かった。

でもご安心あれ、台風が去った10日夕には母親と8羽の子どもたちが清水橋近くの初川に元気な姿を見せた。偶然通りかかった市民らが「あっ、あのカルガモだ」「1、2、3…8羽、子供たちも全員無事」「頑張れよ」などと声をかけ、のぞき込んでいた。

もっとも、子供たちはこの1カ月で大きく育ち、どれが母親か識別するのが難しい。7月30日撮影の写真と比べれば一目瞭然。

 

DSCN4313

 

 

IMAG0973 (1)

 

8月10日のカルガモ母子(初川で)

 

DSCN3801

7月10日のカルガモ母子(初川で)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-14

    熱海市でまた2人が新型コロナ感染 カラオケ飲食店でクラスターの可能性

    熱海市で新たに2人が新型コロナウイルスに感染し、県と市は「夜の街」のクラスター(集団感染)を警戒し…
  2. 2020-7-14

    大腸がん克服、鉄人スイマー北嶋鐵修さんに特別体育功労章 熱海市体育協会

    熱海市体育協会(杉山誠一会長)は、2020年の体育章の受賞者を発表した。市の体育協会加盟団体の中か…
  3. 2020-7-14

    熱海市が花火大会と海水浴場開設の「事前PR動画」 16日からHPにリンク

    昨年8月11日、熱海サンビーチ 新型コロナウイルスの感染防止のために首都圏などで夏のイベント…
  4. 2020-7-14

    熱海の90代の女性、マダニ感染症 静岡県今年3例目 いずれも熱海市で

    静岡県は7月13日、熱海市の90代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと発…
ページ上部へ戻る